コロナ自粛も少し落ち着いてきて、
最近では妊婦さんも少しづつ問い合わせが増えており、
足を運んでいただけるようになってきました(^^)/

※当院のコロナ感染予防対策については⇒こちらのブログに書いてあります

 

最近、34週で逆子の方が来られました。

34週になってくると赤ちゃんも2000gを越えてきて少し大きくなってきているので、
正直、逆子は戻りにくいように思います。

この方は、健診にて

26週で逆子
30週で頭位
32週でまた逆子
34週でも逆子

との事でした。

一度30週で頭位に戻っています!
このような場合ではたとえ34週過ぎていても頭位に戻ることが少しだけ多いように感じております。

逆を言えば、28週くらいから逆子を指摘され、34週までずっとその位置にとどまっているのであれば、
きっと、その位置がいごごちが良いのでしょうかね(^^♪

この妊婦さんも、34週までは体操や、自己流でお灸もやっていたそうです。

当院で初めてお灸を受けた時に
『すごい!動いてる!』
『自分でやるのとは全然違う』

とおっしゃってましたね。

自宅でやっていただくお灸だけではなく、
少しだけ日常で気を付けていただくこともお話させて頂きました。

 

その後、35週当たりで連絡をいただき、
『夜中に胎動激しくなって、ぐりんと回ってあばら骨あたりを蹴られてるんで、もしかして治ったかも』
という連絡をいただきました

そして、後日、36週の健診にて頭位が確認できました。

めずらしく、回った瞬間を感じられたケースでしたね。

だいたいは、いつの間にか下を向いていたという方がほとんどです。


※逆子は28週以降に産院で指摘されるようになります。
お灸を始めるのが早いほど改善しやすいですよ。

逆子ちゃんを動きやすくする
『フワフワお腹のお灸』

◎不妊症でお悩みの方
『身体ポカポカ、妊活鍼灸』
は鷲見治療院へどうぞ。

完全予約制にて対応します。
ご連絡お待ちしております。

鷲見治療院 春日井市小野町4-8-7
0568-84-8030

当院の逆子治療について⇒こちら

逆子治療の予約について⇒こちら

的、
«痛くない心地よいお灸で元気になっていただきます»

妊婦さんの逆子、小児アトピー、夜泣き、妊活鍼灸、顔面神経麻痺、突発性難聴はお任せ下さい!

鷲見治療院 春日井市小野町4-8-7
0568-84-8030